選手紹介

ドラフト候補紹介 宇草孔基(法政大)

宇草選手の打撃フォームはこちら

https://drive.google.com/open?id=1YYRiJnSxr45I_VN6-B8PcTJEDUN_Mwxm

こんばんは、タッツ(@tatsuvish222)です。
今回はドラフト候補紹介、宇草孔基選手(法政大④・外野手)です。

宇草選手の持ち味は長打力と脚力です。
外野手として底知れぬポテンシャルを持つ選手です。

今年のドラフト候補の中で”ロマン枠”といえばまず名前が挙がるでしょう。

現在法政大学では右翼のポジションを任されていますがこれは中堅を守る船曳海選手(4年)の守備力を買ってのものであり、宇草選手の能力からして中堅を守ることは十分に可能と判断できます。
また常総学院高時代は二塁手としても活躍しており、内外野守れる攻撃的ユーティリティとして育成する手もあります。

2段モーションのようにすり足でタイミングを取っていくのは金本知憲氏(元広島・阪神)のようですね。現役では糸原健斗選手(阪神)がこのような打ち方であるため、糸原選手に長打力を加えたような完成図が描けます。

外野手としてもロマン枠である上に内野をできる可能性もある宇草選手。
個性を伸ばして、プロでも屈指の選手を目指したいものです。